主投影機

投影機には、主投影機と補助投影機があります。主投影機に該当するものは9つ、補助投影機に該当するものは5つです。伝統的に、上の代が主投影機、下の代が補助投影機を受け持っています。このページでは主投影機の紹介をします。各投影機長より紹介文をいただきました。

こうとう




こうとうとは恒星投影機の略称です。一等星と天の川以外のすべての星は、こうとうが投影しています。こうとうは全天を32個の星域に分割し、それに対応するユニットを用いてドーム内に無数の星を映し出すプラネタリウムの花形です。肉眼でみえる星が6等星までの約8600個といわれるなか、こうとうではさらに暗い7等星までの星約2万個を再現しています。

年々進化しつづけるこの恒星投影機、みなさまにより星空を感じていただけるよう、今年も随所に工夫を凝らしてまいりました。今年のプラネタリウムは今年限り。初めていらっしゃる方も、そうでない方もぜひ、一期一会の星空をお楽しみください。

いっとう



一等星投影機(略称:いっとう)では、一等星と一部の二等星、そして火星の計24個の星を投影しています。星の海に燦然と煌めく一等星の輝きを忠実に再現するため、一等星投影機では一つの星に対して一つの投影機を割り当てる方法を採用しています。そうすることで、一つ一つの星の色や明るさをプラネタリウム内に再現しています。

また、シャープな星像を実現できる焦点距離の長いレンズも他の投影機との兼ね合いも考慮した上で昨年度より増加させました。恒星投影機が投影する他の星々と大きさや明るさの点で不自然さが生まれないようにも注意し、夜空に溶け込みつつもメリハリのある輝きを実現できたと思います。

ご来場いただき、各投影機が織り成す今年限りの星空をお楽しみ頂ければ幸いです。

ぎんとう



銀河投影機とは、天の川を映し出す投影機で、夜空を一周する天の川を4つに分けて4つの投影機を使って投影しています。以前はピンホール式と呼ばれる方式を採用していましたが、一昨年からレンズ式の投影方法になりました。レンズ式はピンホール式に比べ格段に像が良くなり、今年もその方式を踏襲しています。さらに、今年は像を良くするために原板を複数枚重ねて天の川の投影を実現しています。

また、原板作りにはエッチングと呼ばれる、銅板を化学薬品によって腐食させて穴をあける方法を用いて制作することで、完成度の高い原板を目指しています。

満天の星にかかる美しい天の川をぜひご覧ください。

星座絵



星座絵投影機はプラネタリウムの星空に星座のイラストを投影する投影機です。実際の星空やプラネタリウムの星空を見るとき、星の並びだけでは星座の形がイメージしづらいことがあると思います。そういうときに星座の絵が星と一緒に投影されることで、その星座をイメージしやすくなるのではないでしょうか。実際の夜空にはなくプラネタリウムだけにある星座絵の魅力というのを味わってほしいと思います。

星座絵はエッチングというある薬品を用いて銅を溶かす手法を使って、銅箔に穴を絵の形にあけそれにLEDの光を当ててレンズで集光することによって投影しています。

今年の星座絵投影機は去年と大きく変わったところはありませんが、より星座の絵をきれいに作ることより安全性信頼性を高める工夫をしました。

かごしい



かごしいは投影機を取り付ける土台のことで、ドームの中央部に設置されています。ここから全ての星が投影されています。かっこいいですよね!かごしいは以下の4つの部分に分かれており、「かごしい」という奇妙な名前は各部分の名称に由来しています。


1. 日周・緯度変と呼ばれるパーツです。中にあるモーターを使って水平・鉛直方向に自在に回転することができます。
2. かごと呼ばれるパーツです。しいたけと日周・緯度変をつなぐ枠で、星座絵投影機を取り付けます。
3. ごきぶりと呼ばれています。しいたけ・かご・日周緯度変を支える土台です。黒いことからこの名前がつきました。
4. しいたけと呼ばれています。五角形と六角形の板を組み合わせた半球のような形で、恒星投影機、一等星投影機、銀河投影機が取り付けられます。この中には配線が通っていて各投影機の調整が厳密に行われています。

まさにプラネタリウムの中心とも言えるかごしい。その姿を是非目に焼き付けてください。

日電



日電は正式名称を日周・緯度変・電源パートといい、プラネタリウムにおける電気関係の仕事全般を担うパートです。

日周・緯度変とは、場所や時間によって変わる星空を再現するために、投影機の土台となる「かごしい」を動かすための機械のことです。機械自体の管理は「かごしい」が担当していますが、日電では、例えばコントローラーの管理や操作用のアプリの開発のようなソフト面を担当しています。

電源とはその名の通り各投影機に供給する電源のことで、電気の供給を管理したり、各投影機への配線をしたりします。他にも星座絵の無線制御を行うためのアプリを開発したり、各投影機のコントローラーを作成していたりします。

プラネタリウムを裏方として支えている縁の下の力持ち的な存在です。

ドーム



ドームとはその名の通り、すべての投影機が投影するためのスクリーンとなるプラネタリウムのドーム製作を担当する投影機です。直径12m、高さ7.8m、推定重量は200㎏と非常に大規模ですが、これはすべて部員が手作りしています。

ドームは2年に1回作り替えをしていて、本年度は作り替えの年にあたらないので、ドームのメンテナンス、およびドームの入り口となるドームドアの製作を行いました。ドームドアは気密を保つために二重ドア構造になっており、ドームドアの前面には本年度の部員の手によるイラストが描かれています。

ドームは投影機とは言いつつ投影は行いませんが、その大きさには誰もが驚くことでしょう。大規模で美しいプラネタリウムの基盤となるドームも、ぜひご覧ください。

ソフト



天文部のプラネタリウムには2種類の上映プログラム、「音声番組」と「ライブ解説」があります。ソフトでは、これらの制作や総括を担当しています。

音声番組では、5月頃に脚本を練り始め、夏以降は部員から選ばれた声優の音声収録や編集を行います。また、ライブ解説を担当する部員とも、解説の練習を繰り返し行います。今年も春夏秋冬、個性豊かな計11作品が完成しました。

ソフトの役割は、星座や神話など、星空をより楽しむための知恵を皆さんにお伝えすること。プラネタリウムでは普段都会では見られない満天の星空を再現できますが、ただ見るだけではもったいないですよね!他の投影機が映し出す素晴らしい星空を見ながら、ぜひ解説にも耳を傾けてみてください。

展示

展示はプラネタリウムにおいてドーム以外の体育館の装飾を担当しています。投影機とは言っても実際に投影を行うわけではありませんが、お客様に駒場祭プラネタリウムの魅力がより一層お伝えできるように工夫を凝らしております。天文部に関する活動紹介などの文章展示はもちろん、望遠鏡などといった機材の展示も行います。特に、部員の撮影した天体写真、星景写真の展示は数も多く、美しい写真が揃っています。みなさまに天文部の活動に親しんでいただくためにさまざまな展示を用意しておりますので、是非お楽しみください。



駒場祭プラネタリウムTOPへ戻る
Copyright© Astronomy club, the University of Tokyo 1998-2018
スマートフォン向けサイトに戻る