天文部HOMEへ戻る
トップ絵
上映する音声ソフトは脚本から収録まで全て部員の手で行いました。
今年は「星降る夜に架かる橋」、「サンタクロースがくれた星空」、部員によるライブ解説の三本立てとなっています。


 音声ソフト                         

 星降る夜に架かる橋 

小学生のひかるは、天体観測をするために母と2人でキャンプに来ていた。
キャンプを楽しむひかるたちが目にしたのは、ゆったりと流れる大きな川ーその名も「天の川」
七夕伝説に出てくる川の名前と同じだ!と気づくひかるだったが、ひょんなことから母と離れ、迷子になってしまう。
すると、ひかるの前に1人の少女が現れてー。

果たして、少女の正体とは?ひかるは無事に母のもとへ帰れるのか?
天の川に架かる橋が繋ぐ、人間と星座の物語。



 サンタクロースがくれた星空 

今日は待ちに待ったクリスマスイブ。
都会で暮らす兄妹、あかりとひろきは、サンタさんに手紙を書きました。

ーーー「満天の星空を見せてください。」


こどもたちの夢をのせて、トナカイのソリは夜空を駆け巡ります。
サンタさんがくれたプレゼント。それは、どんな宝石よりもきらきら輝き、心の中で光り続ける宝物。


 ライブ解説                           

毎年恒例の有志部員による生解説で、公演ごとに解説者も内容も異なります。
「自分たちが好きなものを伝えたい」という思いを胸に解説者自身が内容から演出までを考え、たった一度のライブ解説に臨みます。
5月から準備を始め、内容はもちろんのこと話し方や星の指し方にまで力を入れました。
星好きな部員たちによる生解説、ぜひご覧ください。









 上映スケジュール                        




駒場祭プラネタリウムTOPへ戻る

Copyright© Astronomy club, the University of Tokyo 1998-2018
tenmon-request@ut-astro.org